×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SOS! 箱根町強羅猫レスキュー チームからのご挨拶

箱根町強羅猫レスキュー 活動休止&解散のご挨拶

箱根町強羅猫レスキューは 強羅の廃業旅館に取り残された猫達を救うために 緊急結成されたグループです。

2014年の大晦日、箱根町強羅で15匹の猫を緊急レスキュー 最終目標を「すべての猫の幸せさがし」と掲げ活動に励みました。
結果 2016年3月を最後に15匹すべての猫を新しい里親さんの元へと旅立たせることができました。
ここまでの道のりは本当に汗と涙の長い道でした。
そして たくさんの方々よりあたたかいご支援、応援をいただきました。
心より「感謝・感謝・感謝」です。

さて たくさんの方々に応援いただいた箱根町強羅猫レスキューですが ミッション達成を機に活動休止&解散する事に致しました。

我々の居住地は神奈川県の西部。
個人同士が連携をとって活動する小さな小さなボランティアです。
ある日 強羅で大量の猫が置き去りにされたという情報が舞い込みました。
ただでさえ 保護した猫達や地元でのTNRでテンヤワンニャのお祭り騒ぎ。
一方 強羅では明日をも知れない運命を背負わされた猫達・・・
そんな時、強羅の廃業旅館に「待ったなし」となる事件が発生します。

この事件を機に箱根町強羅猫レスキューはたった数時間で結成され 次の日には最後まで生き残った15匹を強羅から救ってくることになります。
幸いにもレスキューした猫達のためにお部屋を貸してくださる家主さんが見つかったのです。
第一のミラクルでした。

しかし ボロボロになった猫達の体調は酷く お世話は予想以上に大変でした。
メンバーも足りない、お金も足りない・・・
そこで 猫を飼育するための寄付金や物資、メンバーをネットで募りました。

おかげ様で 医療費や飼育費を確保 お世話するメンバーさんも増え だんだん箱根町強羅猫レスキューの形が出来あがってきました。
このように我々のチームは ほとんどは周りから頂いたご支援とご協力で成り立ったものです。
見ず知らずの方たちが強羅猫達のためにご支援をしてくださる
本当にありがたかった・・・
これは 第二のミラクルでした。

第三のミラクルは すべての猫の里親さんが決まったことです。
これはとっても大きなミラクルで、正に天から頂いたプレゼントです。

今まで箱根町強羅猫レスキューを応援してくださり 本当にありがとうございます。
皆様からの後押しがあったからこそ、 最終目標である「すべての猫達の幸せ探し を達成する事ができたと実感です!!
大きな大きな パワーを頂きました。
そしてこんな小さな小さなボランティアチームがミラクルを達成できた事 日本全国で活動されているボランティアさんたちの励みになってくれたら幸いです。

最後に箱根町強羅猫レスキュープロジェクトチーム&スタッフ一同の紹介をさせて致します。

リーダー:kamaboko(小田原市)
会計:たかさん(小田原市)
広報:チビちょん(大磯町)
未来のおかあしゃん(小田原市)

スィ姉さま(大磯町)
  る~さま(二宮町)
よっしー(茅ヶ崎市)

大磯町:T様ご夫妻
二宮町:S様親子 H様 K様 
平塚市:A様

大家さん:グチ子(二宮町)

SOS!箱根町強羅猫 Facebook & ツイッター